女性にはエストロゲンが必要な理由

女性に欠かせない女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。
このうちエストロゲンが必要な理由が注目されているので、把握しておくと健康的な生活が目指せます。
エストロゲンは、多様な働きを持っています。
最も良く知られているのは、月経周期に関わり正常なサイクルを維持することでしょう。
妊娠や出産にも大きな影響を持っています。

その他には、肌や髪の毛の保湿に関わっていたり、骨の健康をキープしたり、そして血液中のコレステロール値のコントロールも担っています。
女性の体を守るために、とても重要な働きを持っていると考えて構いません。

このエストロゲンは30代の中頃までは盛んに分泌されるものの、それ以降閉経に向けて分泌量の減少が始まります。
卵巣の機能が低下するのが主な原因で、平均すると50歳には閉経の時期を迎えるでしょう。
その前後10年間(45~55歳ころ)を更年期と呼んでいます。
心身ともにバランスを崩しやすいので、エストロゲンの減少を穏やかにすることが重要です。

さらに閉経後はエストロゲンの分泌がほとんどなくなると言われているので、骨粗しょう症や毛中コレステロール値の増加から動脈硬化などの疾病のリスクが指摘されます。
食事や運動習慣を始めとした生活リズムの見直しが求められる時期です。

生活リズム以外の対処方法に取り上げられるのが、サプリメントの有効活用です。
体内で産生されず不足するエストロゲンは、サプリメントでも補えます。
以前から知られている大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た作用をすることから更年期に推奨される成分です。
最近、注目されているDHEAも有効でしょう。
エストロゲンを作る材料になることから、若返りホルモンとして知られるようになりました。

加齢によってエストロゲンの量が減少し、恩恵が受けにくくなりますが、外から補う方法と生活リズムの調整で、不快な更年期を健やかに過ごすことができるようになります。

閉経後の骨粗しょう症に注意が必要

女性ホルモンのエストロゲンは、古い骨を溶かし、新しい骨を作る代謝に深く関係しています。
女性は生理周期に従って、エストロゲンとプロゲステロンが交互に優位になり、身体のバランスを保っています。
妊娠中はふたつのホルモンが増えることで、子宮を大きくしたり、乳腺を発達させて母乳を作る準備をします。

しかし、出産後には胎内で赤ちゃんを育てる必要がなくなるので、エストロゲンの分泌量は一気に減少します。
さらに、加齢によって分泌量は低下し、更年期を迎え、閉経になると大幅に分泌量は減っていきます。

すると、新しい骨を作るスピードよりも速く、古い骨を溶かしていくなど、骨の代謝のバランスが変わってしまいます。
骨の密度が低下した状態になるので、骨粗しょう症になりやすくなる状態です。
骨粗しょう症になると骨がもろくなり、骨折などにつながってしまいます。
エストロゲンは年齢と共に分泌は減ってしまうので、仕方がないと諦める人がいます。

けれども、日常生活の中でエストロゲンを補うことは可能です。
大豆製品に含まれるイソフラボンは体内でエストロゲンと似たような働きをします。
毎日の食生活の中で意識的に食べるようにすると、減少をゆるやかにすることができるでしょう。

生活リズムを整えることも大切です。
毎日決まった時間に起きるようにして、メリハリのある生活をしているとDHEAというホルモンが分泌されるようになります。
DHEAは若返りのホルモンとも呼ばれていて、免疫力を高める他にエストロゲンを作る材料になります。
適度な運動はエストロゲンを増やすのに加えて、DHEAも増やす効果があります。
特に有酸素運動は効果的なので、ウォーキングや水泳などを行うと骨粗しょう症になりにくい身体を作ることができます。